リトルトリップ

すてきな画像は目のおやつ。

タグ:アメリカ

お疲れ様です。
7月4日は、アメリカの独立記念日。
それでなくても愛国心が爆発しているアメリカは、
この日には各地で愛国心が噴火するらしいの。
今回は人気サイトizismile.comから、
アメリカ大好きーなアメリカ人を見て行きましょう。


1
25

1枚目からクドそうよねぇ・・・





 
続きを読む

お疲れ様です。
今回は、アメリカはニューヨークの、
ブルックリンの南端にあるコニーアイランドが主役よ。
と言っても、現在の風景ではなくて、
1960年代のコニーアイランドに集う人々が主役。
こういうビンテージ写真って、なぜか魅力的よねぇ・・・


1
re11


いい雰囲気。




 
続きを読む

お疲れ様です。
今回は、6月の20~22日にラスヴェガスで開催された、
ものすっごい規模のダンスイベント、

Electric Daisy Carnival Las Vegas

なにせ、40万人が集まって、
3日間踊りまくるっていう、
なんていうか・・・すっごい楽しそうなイベントなの。
花火打ち上げまくり&電飾ごってりー!
そしてみんなノリノリー!
な、会場を紹介するわね!


1
re26

規模が凄すぎ!




 
続きを読む

お疲れ様です。
今回は、美しいアートを紹介するわね。
アメリカのニューヨーク、ブルックリンをベースに活躍する写真家

Jeremy Harris

が、10年の歳月をかけて、
アメリカにある放棄された精神病院を撮影したシリーズ

American Asylums
Moral Architecture in the 19th Century

から、廃墟になってしまった19世紀の精神病院の写真を紹介するわ。
アメリカにおける精神病院の歴史って、
決して明るいものではないらしいの。
病院内には患者が溢れ、治療も今とは違うものだったらしいし、
費用不足で、どんどん劣悪な環境に陥っていったんですって。
 その歴史を戒めとして忘れないために、
このシリーズは作られたらしいわ。
今回の画像は、本当に高画質&サイズ大!
是非クリックして、高画質な作品を楽しんでね。


1
re3


廃墟って、何故か美しく感じちゃうのよねぇ・・・



 
続きを読む

お疲れ様です。
次の項目に当てはまる方は要チェックよ。

お金が余って困っている。
家というより、宮殿が好きだ。
どんなに広い部屋でも安眠できる。
噴水のない生活など想像もできない。
ゴールド。色を選ぶならゴールド。

そんなあなたに朗報です。
あなたが好きそうな豪邸が、アメリカのテキサス州で売りに出てるわよー!
9ベッドルームのこの豪邸は、
まさに宮殿。
まずは、どんなお家か見てみましょう!
画像も大きくて綺麗だから、
ぜひ大きくして楽しんでね。



1
re1

正面の門だそうです。
中もすごいのよー!




 
続きを読む

お疲れ様です。
今回は、アメリカで流行り始めているらしい新しいムーブメント。

オープンキャリー

について紹介するわね。
オープンキャリーとは、

公衆の面前で公然と銃を持ち歩いちゃうこと。

そうです。
上着の下にこっそり・・・ではなく。
大胆にどかーんと持ち歩いちゃうことなの。
アメリカは銃社会と言われているし、
気軽に銃を買えるらしいんだけれど、
携帯に関しては州ごとに法律が違うらしくて、
今回紹介する画像のように、
大胆に所持できる州がどれだけあるかはわからないし、
それに、画像に出ているみなさんが持っているのが、
モデルガン等の可能性もあるけれど、
こんなの流行るのやめて欲しいわぁ・・・だって、
コンビニでレジに並んで、前の人が・・・


1
16

こんな感じだったら、怖くない?



 
続きを読む

お疲れ様です。
今回は、美しいビンテージカーと、
それらの車が現役だった頃の風景を楽しみましょう。
こういう画像を見ると、
車って、時代でどんどん変わっていくのねぇ・・・なんて、
しみじみ思っちゃうわ。
今普通に走っている車も、
20年後とかに見たらビンテージカーになるのかしらねぇ・・・
ってことで、
美しい風景と優雅な車を堪能してね。


1
re34

やだ、かわいい!




 
続きを読む

↑このページのトップヘ