お疲れ様です。
ファッションモデル業界では、
アメリカサイズの4以上のボディのモデルは、
ぜーんぶ「プラスサイズ・モデル」って呼ばれるの。
つい最近までは、その呼び方さえ無くて、

モデル=サイズ4
 
ってことだったらしいわ。
(例外もいたらしいけれどね)
その通例に異論を唱える美しいモデルが今日の主役よ。


1
14

彼女がそのモデル。
美しいでしょ?




 
2
3
 

彼女はメルボルンベースのモデルのStefania Ferrario さん。
見事なカーブを持つ女性で、モデルとして活躍しているわ。でもでも、彼女はサイズ4ではないの。体を見ると納得なんだけれど、豊かな腰のラインと胸、そして細いウェスト。
れだけ凸凹なら日本でいうSサイズは入らないわよね。きっとウェストがOKでも胸が無理。

なので、彼女は「プラスサイズ・モデル」と呼ばれているの。サイズ4以上 → プラスサイズ「モデル業界では大きい方」っていう意味も入っているのかもしれないわね。彼女はこの呼ばれ方に違和感を感じているんですって。

彼女曰く・・・

残念なことに、サイズ4以上だと「プラスサイズ」というラベルが付きます。わたしもそのラベルがつけられています。モデル業界はもっともっと、様々な人種、フォルムを持つ人々を受け入れるべきです。

「プラスサイズ」という言葉は、若い女性を傷つける恐れがあるので、使い方に注意すべきだという方がいますが、私もそれに同意します。

私は「プラスサイズ」と言われても、誇りに思うことは出来ません。ただ「モデル」と呼ばれたい。モデルは、私の誇るべき職業なんです。


・・・確かに「プラスサイズ」て言われて、嬉しい女性はいないわよね。それに、モデルとして活躍する彼女は本当に美しい! 彼女は彼女が思う、「不名誉なラベル」を剥がすことが出来るほどの、知性と、美しさと、度胸を持ち合わせている人だと思うわ。

彼女のパワーで、海外エンターテイメント(特に欧米)の世界で当たり前だった、「細い、背が高い、ほとんど白人、次に黒人、少しだけアジア」っていう定説が、変わっていくことを祈っております。


3
17
 








5
6







11
9





12
15






14
13





15
2





16
19





17
21
 
via. thrillblender.com


セクシー!かわいいー! そして少しレトロな雰囲気が素敵。最後の2枚なんて、ノーマ・ジーンのようだわ。美しく、そしてはっきりと発言する、戦うモデル、ステファニアさんに、これからも注目よ~!

彼女の 
インスタグラム も素敵なので、ぜひ見に行ってみてね。

ぐーぐるさんに「アダルトコンテンツじゃない?」ってこの記事のことを怒られたから、画像を何枚か削除しました。残念無念。

ってことで、いつも応援ありがとう。またねー!