お疲れ様です。
今回は、初秋にネパールで行われた華やかなお祭を紹介するわね。
5日間続くそのお祭はティハール。
収穫祭の意味合いもあるそうなんだけれど、
5日間全ての日に意味があって、
2日目は犬の日!
飼われているわんこも、道で暮らすわんこも、
花輪とかを貰って祝福されるんですって。



1
re2


お花とティカで、お顔が真っ赤ねw






 
2
1


ネパールの秋のお祭ティハール
1日目はカラスの日(カグ・ティハール)

2日目は犬の日(ククル・プジャ、ククル・ティハール)

3日目は女神吉祥天の日(ラクシュミー・プジャ)

4日目は2つ意味があって、
牛の日(ゴバルダン・プジャ)
ネワール族のお正月

5日目は兄妹や姉妹の日(バイティカ)

それぞれの日に儀式があって、
賑やかで華やかなお祭りなんですって


参考資料 風の旅行社 ネパールお祭り






3
3

今回は、その2日目ククル・プジャの画像を紹介するわよ。
ヒンドゥ教では、犬は閻魔大王の使者。
そして、ネパールの人々にとって、
犬は動物ではなく、人間の仲間なんですって。
この日は、犬を礼拝し、
マリーゴールドの花輪(マラ)をかけて、

額にティカ(額の赤い)をつけるんですって。




4
4

花輪をもらえるのは、
飼われているわんこだけじゃなくて、
道路で暮らすわんこももらえるのよ。
おやつももらえると、わんこ大喜びだろうなぁ・・・





5
5

ククル・プジャ当日は、
わんこがいたずらをしても怒っちゃダメなんですって。
まさに、わんこの日なのね。

そして、この花輪をもらったわんこが、
いつもと違う行動や、変な泣き方をしたら、
良くないことが起こると言われているらしいわ。





6
6

Photos via imgur.com


いつも以上に愛情をいっぱい受けられるククル・プジャの日。
わんこにとっても、嬉しい日なんだろうなぁー
こういうお祭りがあるって、素敵よね。


ってことで、
今回はネパールの素敵なお祭りを紹介しました。
いつも応援ありがとう。
またねー!