おつかれさまです。
最近世間を賑わせている、ウクライナの暴動。
・・・
暴動って言い方って、適切かしら・・・
えーっと・・・

ウクライナの大規模抗議デモ

これの方がしっくりくるわね。
今回はそのデモに参加してるみなさんの肖像をお届けするわ。
元々は普通に職を持ち、穏やかな日常を過ごしていた彼ら。
今は戦うことが日常になってる彼らは、
どんな思いで毎日を過ごしているのかしらね。 



1
7

ウクライナ正教会の司祭様
自由のために戦う人々の数に感動して、
自らも参加したんですって。





2
1

ウクライナ西部の都市リヴィウで暮らしていた彼、
テレビで抗議行動を見て、
キエフへやってきた。





3
2

彼らが身につけている、
マスクや古い軍服、銃弾や消耗品、そして暖かい服。
これらは寄付でまかなわれている。




4
3

彼らは「ベアーズ」
プロの警備員だった彼らは、
ほかのデモの参加者に戦術を教え訓練し、
戦闘をサポートしている。





5
4

手製の武器を持つ彼は、
ここ数ヶ月にわたり、抗議行動の震源地とも言える通りで、
バリケードを守っている。





6
5

ウクライナの西部地域の小さな村で暮らしていたこの若者。
「国のために死ぬ準備はできている」






7
6

デモに参加する前はスーパーで働いていた彼、
この花とケーキは、
メンバーの誕生日を祝うために用意されたもの。





8
8

彼の父親は、ウクライナの自由のために戦い国外追放された。
そして今、息子である彼が、ウクライナのために戦っている。





9
9

デモに参加する前はスーパーマーケットで働いていた彼女。
「デモに参加したとき、デモ隊が組織化されていて、軍事キャンプなど全てのものが揃っている事に衝撃を受けた。必要であれば、国のために死ぬ覚悟はある」







10
10

アフガニスタンで戦った退役軍人。
抗議者に自己防衛の方法を教えるためにキエフにやってきた。
そこで、かつてともに戦った人々と軍事グループを組織、
独立のために戦っている。






11
11

教員として働いていた彼。
「軍の抗議者への残忍な対応に驚いている」






12
12

20歳の鉄道労働者





13
13

彼も、リヴィウからやってきた。





14
14

抗議行動の先頭に立つ彼。
「デモ隊が自由の闘争に勝利することを確信している」




15
15

参加する前は、画家であり写真家だった。





16
16

彼も、アフガニスタンで戦った退役軍人。





17
17

歴史を学んでいた彼女、
今は右派閥「バイキング・ユニオン」のメンバー
「自由のための戦いで、最後まで戦う覚悟はできている」





18
18

クリミアで生まれたニコラス





19
19

「腐敗した政府から、国を解放するために戦っている」





20
20

バリケードを守る。





21
21

アフガニスタン戦争の退役軍人。
以前は、子どもたちのためのクリニックのディレクターもしていた。





たくさんの戦う人々を見てもらったけれど、
なんだか言葉が出てこないわね。
でも、
お誕生日のために用意されたお花とケーキが美しかった。
キエフには、美しい花を売るお店も、
ケーキを焼いているお店もあるんだなって思ったら、
ちょっと泣けてきちゃったわ。

ってことで、
いつも応援あんがとう。
またね。








via. Big Picture