ごきげんいかが?
今回は、その昔、かのアリストテレスが「天の割れ目」と表現した、不思議な自然現象のオーロラを楽しんでね。

ローマ神話の暁の女神アウロラの名前で呼ばれるほど、人々を魅了し続けているオーロラ。日本でも観測できるっていうんだけれど、地元でご覧になった方ってどのくらいいるのかしらね。アタシは北の大地の札幌近辺に生息しているけれど、まだお目にかかってないわー。会いたいー!


1
80_R


ほんとに幻想的すぎよね・・・



 
2
22_R


天を美しく揺らめくオーロラ。
活動が盛んな頃は、日本や中国、そして西欧でも観測できたんですって。古代や神話の時代から、オーロラにまつわる伝説はたくさんあるらしいわ。

例えば・・・
中国や西欧などでは、オーロラの赤い部分が見えることがあるんですって。中世ヨーロッパでは、この赤が血を連想させるということから、災害や戦争の前触れ、神の怒りと考えられていたらしいわ。

古代中国では。オーロラは天に住む赤い龍と考えられ、政治の大変革や不吉なことの前触れであるとされていたんですって。

オーロラがよく観測される北欧の北欧神話では、オーロラは夜空を駆けるワルキューレ達の甲冑の輝きとされているの。そして、生きている者の世界と死者の世界は、オーロラによってつながっていると信じる方が現在も多いんですって。ちなみに、エスキモーの伝説では、良い行いをした者は死後にオーロラの国へ旅立つと言われているんですって。

詳しいことは、ウィキペディアのオーロラ を読んでみてね。ではでは、太古の昔から見上げる人々を魅了し、その美しさから恐れさせたオーロラを堪能してねん。 




3
23_R





4
27_R





5
28_R





6
29_R





7
74_R





8
75_R





9
76_R





10
78_R





11
79_R





12
93_R





13
52_R





14
53_R





15
54_R





16
55_R





17
56_R





18
81_R





19
82_R





20
89_R





21
90_R





22
91_R





23
92_R





24
73_R





25
72_R
via. widelec.org


本当に、いつかこの目で見てみたい!

ってことで、
いつも応援ありがとう。
またねー!